“御願:おねがい” の例文
“御願:おねがい”を含む作品の著者(上位)作品数
福沢諭吉1
鈴木鼓村1
“御願:おねがい”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ソレに君がこんな大造たいそうな長い刀をいじくると云うのは、君に不似合だ、すがい、御願おねがいだからしてれ。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
御願おねがいに上った次第というのは、元来わたしはあの家の一粒種の娘であって、生前に於ても両親の寵愛も一方ひとかたでは御座ございませんでした、最早もうわたしの婚礼も日がない、この一七日ぜん
雪の透く袖 (新字新仮名) / 鈴木鼓村(著)