“御承引”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おうけひ33.3%
ごしょういん33.3%
ごしよういん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御承引”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かねがねよりあなた様の御ん事はお聞き及びしておりましたが、これまではついぞ御消息も差し上げませんでした。突然、こういう私のような者からこんな無躾ぶしつけなことを申し出されて、まことに思いがけなく思し召されたでもありましょうけれど、禅師様がわたくしの日頃よりの心細い憂えをそこもとへお伝えなさいましたのを心よく御承引おうけひき下さいました由、ほんとうに心から嬉しゅうございました。
ほととぎす (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
「かならず参ります。それについてお話して置きたいことがございます。これの御承引ごしょういんがなければ筒井はまいれないかも知れませぬ。」
津の国人 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
此段御承引ごしよういん無之これなきに於ては、仮令たとひ、医は仁術なりと申し候へども、神仏の冥罰みやうばつも恐しく候へば、検脈の儀ひらに御断り申候。
尾形了斎覚え書 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)