“御快癒”の読み方と例文
読み方割合
ごかいゆ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
近年はとみに「——御快癒である」と、となえて、またぞろ、推して、執権の座に復させたものであった。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「申すまでもなく、このお城内にて、何の御不自由、御不満足もござらぬはずでござりますが、出来ませば、温泉、海辺にてなり御養生なされましたなら、日ならず御快癒に相違ござりますまいが——」
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)