“平重衡”の読み方と例文
読み方割合
たいらのしげひら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
およそ四百三十年の期間であった。治承四年の冬、平重衡の兵火によって伽藍の大部分が焼失したことは周知のところであろう。仏頭もむろんちてしまった。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
「南都の七堂伽藍を焼き尽した平重衡の暴挙にも、大きい眼で見れば何んかの意味があるだろう。蠑螺堂の百観音の焼かれるのも、焼かれる因縁があってのことかも知れない」
大仏殿を焼いた平重衡は、囚われた後に「生身の如来」と言わるる法然房に懺悔して言う、——平家が権力を持ったころには自分はただ「世の望み」にほだされて驕慢の心のみ深かった。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)