“平維盛”の読み方と例文
読み方割合
たいらのこれもり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大将は平維盛忠度のふたりであった。斎藤別当実盛が、東国の事情にくわしいので、案内として、幕僚の諸将のうちにいてゆくのが目についた。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
源三位頼政後裔もここに落ちて来た。熊野で入水したという平維盛もこの地へ落ちて来た。
大菩薩峠:05 龍神の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
私は、お名残だと思ったものですから、その興行は、二日き位に足く通いました。その時の狂言は、義経千本桜で、染之助はすし屋の場で、弥助——実は平維盛卿になっていました。
ある恋の話 (新字新仮名) / 菊池寛(著)