“平福”の読み方と例文
読み方割合
ひらふく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小堀鞆音、川合玉堂、結城素明、鏑木清方、平福などいふ東京の画家は、近頃呉服屋が画家に対して、随分得手勝手な真似をするので、懲らしめの為に
「十七日。晴。朝飯より出立。人車に而平福迄、当駅より小原迄、夫より坂根迄人車行。此日駒帰大難坂也。夫より知津駅迄下り坂。当駅桝屋善十郎へ著。」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
新聞記者としては、國民松崎平福郡司の三時事左氏東京毎日井上氏毎日電報近藤氏、やまとの倉光氏日本中村氏萬朝曾我部山岡報知山村氏城南高橋氏