“幕閣”の読み方と例文
読み方割合
ばっかく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
幕閣のうちでも、奏者衆といえば、若年寄の次席である。小笠原左近将監は、その奏者衆たるうえに、寺社奉行の重職をかねていた。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
譴責は解かれたものの、あれ以来、幕閣の上司たちにとって、多門伝八郎の存在は、決して快いものでなかった。とかくに不首尾つづきが生じた。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「いま幕閣では、俊基朝臣の処刑につづき、主謀の御一名、大塔ノ宮をば、いかにして召し捕えんか。そして、二度と世の光に会えぬ遠島に追いやらんかと、内々、心をくだいておる」
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)