“巴人”の読み方と例文
読み方割合
はじん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やや長じて東都に遊び、巴人の門に入りて俳諧を学ぶ。夜半亭は師の名を継げるなり。宝暦の頃なりけん、京に帰りて俳諧漸くに入る。
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
また天宝中巴人太白廟前の大松を伐る、老人ありて止むれど聴かず、老人山に登り斑子と呼ぶと群虎出で巴人をんだ、また嘉陵江側に婦人あり
とにかくに蕪村が幾分か太祇に導かれし部分もあり得べきを信ずるなり。しかれども彼が師巴人に受くる所多からざりしは、成功の晩年にありしを見て知るべし。
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)