“山膚”の読み方と例文
読み方割合
やまはだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
安心すると急に四方のながめが眼にはいるようになる。目の前には高い山がそびえている。高い山といっても平凡な、高い山ではない。山膚は白っちゃけた灰色である。
槍が岳に登った記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
晴れたの日の西山に没せんとするや、反って東の山の山膚までがハッキリと見えるものだ。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
たたなはる山のおくがの雨空に雪かと見ゆる比良の山膚
閉戸閑詠 (新字旧仮名) / 河上肇(著)