“屠蘇機嫌”の読み方と例文
読み方割合
とそきげん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
以上は新春の屠蘇機嫌からいささか脱線したような気味ではあるが、昨年中頻発した天災を想うにつけても
新春偶語 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
年増の福太郎と春次は銀子と連れ立ち、出の着附けで相撲の娘の小福を初め三人のおと、相前後して座敷に現われ、よそ座敷に約束のある芸者も、やがて屠蘇機嫌で次ぎ次ぎに
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
江戸の街はまだ屠蘇機嫌で、妙にソワソワした正月の四日、平次は回礼も一段落になった安らかな心持を、そのまま陽溜りに持って来て、ガラッ八の八五郎を相手に無駄話をしていると