“屈辱:くつじよく” の例文
“屈辱:くつじよく”を含む作品の著者(上位)作品数
野村胡堂5
芥川竜之介1
永井荷風1
“屈辱:くつじよく”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
屈辱くつじよくかうむつたために自殺した女の話は、枚挙まいきよし難いといつてもよい。
日本の女 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
平次の穩やかな調子も、この浪人者の未亡人の、屈辱くつじよく的な氣持をほぐすには足りません。
勝之助は青白い顏を擧げます。屈辱くつじよくと義憤に、ワナワナと頬が顫へます。
父親の紋兵衞は六十前後、思慮も分別も申分がない仁體にんていですが、伜の不心得から、御用聞に度々やつて來られるのだけは、我慢のならぬ屈辱くつじよくを感ずる樣子です。
錢形平次の手柄は、いやが上にも評判になつて、うつかり外へ出ても、人に顏を見られるやうな此頃ですが、平次に取つては、それがまた、たまらない屈辱くつじよくのやうな氣がしてならなかつたのです。
續いて押入から飛出した平次、八五郎の組敷いたのを見ると、それが何んと、忠義酒屋の看板で奉公人の龜鑑きかんのやうに思はれて居た、喜三郎の絶望と屈辱くつじよくに歪む恐ろしい顏ではありませんか。
「たのむよ。公園は乃公おいら達の縄張中なはばりうちだぜ。」きちさんは一種の屈辱くつじよくを感じたのであろう、うそまことか、幕の上にかいてある芸者の一人々々の経歴、容貌ようばう、性質を限りもなく説明しはじめた。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)