“屈辱的”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くつじょくてき50.0%
くつじよくてき50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“屈辱的”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
斉との間の屈辱的くつじょくてき媾和こうわのために、定公が孔子をしたがえて斉の景公と夾谷きょうこくの地に会したことがある。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
三郎兵衞は伜の屈辱的くつじよくてきな態度がひどく氣になるらしく、平次の思惑をかまはずに叱り飛ばすのです。