“小金貸”の読み方と例文
読み方割合
こがねかし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
近所で聞き合わして見ると、杉の市という按摩鍼が、いつも千賀春のところへ出入りしていたという。……内職は小金貸
顎十郎捕物帳:06 三人目 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
が、すぐに幕府は瓦解した。株を売った真の徳川御家人の一人は、先見のをほこって、小金貸でもはじめたであろうが、みじめなのは、湯川金左衛門邦純であった。
旧聞日本橋:08 木魚の顔 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
貴公達はの事を忘れたのか、物覚えの悪い人たちだ、心得のため云って聞かせよう、貴公達は龜甲屋に奉公中、御新造様に情夫媒介って、口止に貰った鼻薬をちび/\貯めて小金貸
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)