“小蜂”の読み方と例文
読み方割合
こばち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして無数の小蜂が日の光の中で踊りながら、間断なき深い大オルガンの響きを森の丸天井の中いっぱいにたてていた。
小蜂らされることを防ぐことである。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
小蜂La Guêpe
博物誌 (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)