“小海老”の読み方と例文
読み方割合
こえび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一緒に公園の茂みの中にわなをかけに行っても彼のかけた係蹄にはきっとつぐみや鶸鳥が引掛かるが、自分のにはちっともかからなかった。鰻釣りや小海老釣りでも同様であった。
重兵衛さんの一家 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
今日のお昼は小海老を喰べに行きますの、オンフルールの、サン・シメオンへ。
ドーヴィル物語 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
海士小海老に交るいとゞかな 芭蕉
俳句とはどんなものか (新字新仮名) / 高浜虚子(著)