“寵妓”の読み方と例文
読み方割合
ちょうぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大蔵大臣であった山本達雄氏などは大阪にゆくときっと呂昇をよんで、寵妓の見張りを申附けられるまでに心安立のなかであった。
豊竹呂昇 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
それだけの言葉のうちに以前の寵妓であって、かえり見られなくなった女と、貞奴との優劣がはっきりと分るような気がした。
マダム貞奴 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
去るものはし——別離は涙か、嘲罵か、お鯉は昔日よりも再勤のの方が名が高くなった。羽左衛門のお鯉さん、さんのお鯉さんとよばれる一代の寵妓となった。
一世お鯉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)