“寝牀”の読み方と例文
旧字:寢牀
読み方割合
ねどこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
西洋にはシセロ説に寝牀の下に鶏卵一つされあると夢みた人が、判じに往くと、占うて、卵が匿され居ると見た所に財貨あるべしと告げた。
あの鼠色の寐惚けたような目を見ては、今起きて出た、くちゃくちゃになった寝牀を想い浮べずにはいられない。
彼がそんな風な童話めいた空想にり、酔ひ、弄んで居る間に、彼の妻は寝牀の下で鳴くこほろぎの声を沁み沁みと聞きつつ、別の童話に思ひ耽つて居るのであつた。