“宿継”の読み方と例文
読み方割合
しゅくつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
飛脚に立てたるこの者共を道案内に、宿継ぎの早駕籠にて早々当地へ参らるべし、お待ち申す。
『何やら、忌々しゅう存ずる。此方早駕を捨てて宿継ぎに、馬を代えて走ろうか』
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ここで宿継ぎの駕籠を替えて、次の宿、神奈川へ同じく二里半、お昼少しまえでした。