客衆きゃくしゅ)” の例文
客衆の勤めには傾城をして引過ぎの情夫を許してやらねばならぬ。先生は現代生活の仮面をなるべくりおおせるためには、人知れずそれをぬぎ捨てべき楽屋を必要としたのである。
妾宅 (新字新仮名) / 永井荷風(著)