“客衆”の読み方と例文
読み方割合
きゃくしゅ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
客衆の勤めには傾城をして引過ぎの情夫を許してやらねばならぬ。先生は現代生活の仮面をなるべくりおおせるためには、人知れずそれをぬぎ捨てべき楽屋を必要としたのである。
妾宅 (新字新仮名) / 永井荷風(著)