“孫韶”の読み方と例文
読み方割合
そんしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
孫権にとって孫韶は義理ある兄の子でありまた兄の家、愈氏の相続人であった。だから彼が死罪になれば、兄の家が絶えることにもなる。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すでにして魏の艨艟淮水に押し寄せ、附近の要地はその陸兵の蹂躙に委されていると聞えた。孫韶は切歯して
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ところが新任の国防総司令徐盛の下知に対して、事ごとに反抗的に出る困り者がひとり現われた。孫権のにあたる若い将軍で、孫韶公礼という青年だった。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)