“孟春”の読み方と例文
読み方割合
もうしゅん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日はうららにもうららかな孟春四月の真昼どきでした。そして、案の定、右門のにらんだずぼしは、まちがいもなく的中したのです。
東山の常緑樹の間に点綴されていかにも孟春らしい感じをし出す落葉樹は、葉の大きいもの、中ぐらいのもの、小さいものといろいろあったが、それらは皆同じように
京の四季 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
孟春四月の半ばをすぎた城下の夜半は、しんとぬばたまのやみに眠って、まこと家のも三寸下がらんばかりな、底気味のわるい静けさでした。