“妖怪邸”の読み方と例文
読み方割合
ばけものやしき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、秋山と田宮の建物がとりこわしになったので、左門殿町の妖怪邸と云って好事者が群集した。
四谷怪談 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
十年人のまない妖怪邸の天井裏にも、ちょっとあるまいと思う陰惨とした、どん底に——何と、一体白身の女神、別嬪の姉さんが、舞台の礫の時より、研いだようになお冴えて
妖怪邸と云われるだけあって、不思議に寂しい邸ではある」
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)