“奇襲”の読み方と例文
読み方割合
きしゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
多勢に無勢、はじめの奇襲こそ成功したが、正面からの戦争となると、なんといってもこちらは不利だといわねばならない。
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)
おそれながら、しばしのあいだ、殿の采配拙者におかしたまわるなら、かならず、かれの奇襲をやぶって味方の勝利となし、なお、野武士を指揮なすあやしき少女を
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
領土なく一城なく、るに大兵や軍需力がないまでも、あらゆる奇襲を以て、尼子の浪人は、その精神をつらぬき、その報復を期し、今も毛利家を悩ましている存在だった。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)