“奇嬌”の読み方と例文
読み方割合
ききょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、やがて可憐な精神病患者が遊歩するのを認めて一種奇嬌な美の反映をその満庭の桜から受け始めました。
病房にたわむ花 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
法律の力を悪用して、善人を苦しめる悪魔をしめる手段は、これより外にはないのでございます。の行動を奇嬌だとお笑い下さいますな。芝居気があるとお笑い下さいますな。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
奇嬌で、廃頽的で、ひねくれていて、ひょっとすると、徳性というものを全然持っていないようにさえ見える。……どんなものにも満足しないし、どんな環境にも落ち着いていられない。
キャラコさん:05 鴎 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)