“大音寺”の読み方と例文
読み方割合
だいおんじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
妹のおと二人で下谷大音寺前に小さい家を借りて、小鼓指南という看板をかけていたが、弟子入りする者などほとんど一人もなかった。八橋は素人の時から栄之丞を識っていた。
籠釣瓶 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
そのうち、京都の万里小路というお公卿のお姫さまの殺手姫さまというお方にお見知りをいただき、その後二度三度、大音寺前の田川屋三谷橋八百善などでお目にかかっておりました。
平賀源内捕物帳:萩寺の女 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
大音寺太樹を見てかへり公教会報の歌を写すも
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)