“大見世”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おおみせ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大見世”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
当時売女の相場、新吉原なかちょう角海老かどえび筋向すじむかいあたりにありし絵草紙屋えぞうしやにて売る活版の細見記を見ても、大見世おおみせの女の揚代あげだい金壱円弐拾銭にて、これより以上のものはなかりし。
桑中喜語 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
ちょッ、詰らねえな、俺たちはああして、茶屋から大見世おおみせへ送られる身分というわけじゃあなし、岡場所か、銭見世ぜにみせが関の山なんだけれど、それもこのごろの懐ろ工合じゃ覚束おぼつかねえや、こうして吉原の真中へ入り込んで、景気のいいところを見せつけられながら
大菩薩峠:17 黒業白業の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)