“大蝦蟆”の読み方と例文
読み方割合
おおがま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この錠前だと言うのを一見に及ぶと、片隅に立掛けた奴だが、大蝦蟆の干物とも、河馬木乃伊ともえようのねえ、びて突張って、兀斑の、大古物のかい革鞄で。
唄立山心中一曲 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
口の悪い松本の叔父はこの姉妹渾名をつけて常に大蝦蟆小蝦蟆と呼んでいる。二人の口がの薄い割に長過ぎるところが銀貨入れの蟇口だと云っては常に二人を笑わせたり怒らせたりする。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)