“大綿津見”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おおわたつみ33.3%
おおわだつみ33.3%
おほわたつみ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大綿津見の生ませたまう穂高見が草創の土地で、は水を治められた御方であるから今でも水の神として祀られてます、神孫数代宮居を定められたところから「神垣内」と唱えるとある
梓川の上流 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
むかし天照大神の御孫、瓊々杵尊の御子様に、彦火々出見というお子様があられ、大綿津見へ到らせ給うや、海神豊玉彦尊、八重の畳を敷き設け、敬い迎うと記されてある。これ畳の濫觴だ。
天主閣の音 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
次に風木津別忍男の神を生みたまひ、次にの神名は大綿津見の神を生みたまひ、次に水戸の神名は速秋津日子の神、次に妹速秋津比賣の神を生みたまひき。