“綿津見神”の読み方と例文
読み方割合
わたつみのかみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうすると、まもなく、綿津見神豊玉媛のおつきの女が、玉のを持って、かつらの木の下の井戸へ水をくみに来ました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)