“大相”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たいそう83.3%
たいさう16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“大相”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > 戯曲50.0%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗習慣・民俗学・民族学8.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
婆あさんは膳と土瓶とを両手に持って、二人の顔を見競みくらべて、「まあ、大相たいそうしずかでございますね」と云って、勝手へ行った。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
三月ばかりたつと、しつが出来てだんだん大相たいそうになった、起居たちいもできぬようになって、二年ばかりは外へも行かずうちずまいをしたよ。
大相たいさう暮し易いところです、ね。」このお綱の言葉を引き受けて、勇は不思議さうにかのぢよに聽いた、
泡鳴五部作:03 放浪 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)