“大氾濫”の読み方と例文
読み方割合
だいはんらん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
久し振りに江戸を離れて、片瀬から江の島とのし廻し、炭坑節とトンコ節の大氾濫でもはせようと言つた、野望に燃えて居る八五郎だつたのです。
八五郎から噂は聽いて居りましたが、碧血大氾濫の中に横はつた若い嫁は、まことに非凡の美しさです。
モーツァルトの音楽は美の大氾濫であったと同時に、冷たいのような不思議な気魄を持ったものである。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)