“大御饗”の読み方と例文
読み方割合
おほみあへ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かれ豐國の宇沙に到りましし時に、その土人名は宇沙都比古宇沙都比賣二人、足一騰の宮を作りて、大御饗獻りき。其地より遷りまして、竺紫の岡田の宮に一年ましましき。
足一騰宮大御饗
新頌 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
足一騰宮大御饗
新頌 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)