“夜念仏”の読み方と例文
読み方割合
よねんぶつ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
名主はそこで法蔵寺の住職を呼んで、二十六日の夜念仏よねんぶつを興行さしたところで、累の怨霊が退散してお菊は元の体になった。
累物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)