“塩鯖”の読み方と例文
読み方割合
しおさば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
塩鯖の焼いたのが大好物で、或るときなんか味噌汁にまで入れて喰べたんで仰天したっけ、その女のことを思うといまでも塩鯖を焼く匂いが鼻につくくらいだ
季節のない街 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
それが無かったのでその代りとして勧められた塩鯖を買ったについても一ト方ならぬ鬼胎を抱いた源三は、びくびくもので家の敷居いでこの経由を話すと、叔母の顔は見る見る恐ろしくなって
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
塩鯖 (米国産) 四三・〇一 一八・八八 二五・一二 二・五九
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)