“場庭”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ばにわ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“場庭”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
場庭ばにわの草園では、霧の中で焚火たきびが火の子をはじいて燃えていた。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
宿場の空虚な場庭ばにわへ一人の農婦がけつけた。彼女はこの朝早く、街につとめている息子から危篤の電報を受けとった。それから露に湿しめった三里の山路やまみちを馳け続けた。
(新字新仮名) / 横光利一(著)