“園原”の読み方と例文
読み方割合
そのはら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
行っても行っても遠くなるもの、木曾園原の里というところのははき。これはわたしの郷里のほうに残っている古い言い伝えです。
力餅 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
奥州で津軽・栗原・信夫、羽前の最上、それから信州木曾の園原などにおいては、炭焼藤太は必ず金売吉次の父であった。
雪国の春 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
四 ねまほしき園原
県歌 信濃の国 (新字新仮名) / 浅井洌(著)