“図迂図迂”の読み方と例文
読み方割合
ずうずう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
加之先方から真白昼押掛けて来て、平気でおでおでをめるとは、図迂図迂しい奴、忌々しい奴と、市郎はれを通り越して、勃然とした。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
汽車賃もない癖に、坑夫になろうなんて呑込顔に受合ったんだから、自分は少し図迂図迂しい人間であったんだと気がついたら、急に頬辺が熱くなった。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「何、いってんのさ、跛足のバカ……お前さんの顔は、化物そっくりだよ、ヘンだ、そんな顔でよくも図迂図迂しいことがいえたもんだね……せいぜい、由公でも抱いてるさ……」
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)