“喰縛”の読み方と例文
読み方割合
くいしば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は、久しく忘れていたものに、眼がしらが潤むのを、唇を喰縛ってこらえた。その時、がたッと背後の方で音がした。
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
ずや北斎は獄門にかけたる罪囚の梟首に対して、その乱れたる長き頭髪は苦悩の汗にれ、喰縛りたるより真白き歯の露出せるさまを見ても、なほかつ平然としてこれを写生せるが如き
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
鷺太郎は、折角犯人がわかりながら、それをとりがしたのではないか、と思うと、歯を喰縛った。
鱗粉 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)