“唯識論”の読み方と例文
読み方割合
ゆいしきろん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
唯識論の方と、起信論の方とは大分ちがいまして、唯識論の方では、能薫となるものは所薫とならず、所薫となるものは能薫とならず、ということに決っているそうでございますが
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
唯識論とか、百法問答とかいう難解なものすら、十二歳のころに上げてしまったし、十五歳の時には、明禅法印から、密法秘奥をうけて、かつて、慈円僧正が大戒を授けた破例を
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
(『唯識論』に曰く、「この識性は無始のときより、刹那刹那に果生ずれば因滅す。果生ずるがゆえに断にあらず、因滅するがゆえに常にあらず、断にもあらず常にもあらず、これ縁起の理なるが故なり」と)
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)