“名掛町”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なかけまち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“名掛町”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
城下に這入って、釈迦堂脇しゃかどうわきから二十人町、名掛町なかけまちと通り過ぎてしまえば、独眼竜伊達どくがんりゅうだて政宗まさむねが世にありし日、恐るべきその片眼を以て奥地のこの一角から