“各:それぞれ” の例文
“各:それぞれ”を含む作品の著者(上位)作品数
小栗虫太郎1
木暮理太郎1
“各:それぞれ”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 戸外レクリエーション1.5%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本1.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
湯は二本の樋で導かれ、二の浴槽に湛えているが、質はそれぞれ違っているそうだ。
秋の鬼怒沼 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
高さ四尺幅三尺程の大幅の中には、画面一杯に羽を拡げた印度孔雀に、駕し左右四つの手に、それぞれ宝珠を捧げ説法の印を結んだ異形の女身仏が、背上の蓮台の上に趺座しているのだ。
夢殿殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)