“古宮”の読み方と例文
読み方割合
ふるみや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大内義隆造作の古宮なりといへり。竜宮より奉る鐘ありといへり。又神功寺(真言宗)といふ寺二の宮の鳥居の側にあり。是亦義隆創立なりしが旧年火ありて今は一小寺なり。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
すると、捜索隊の一人が、山の古宮の境内の青萱の中から拾ったとて、美濃横綴じの手帳を持って来た。云うまでもなくそれは直芳の物で、途中の風景その他が写し取ってあった。
壁の眼の怪 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
池水に映るは暗き古宮か。
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)