“叛意”の読み方と例文
読み方割合
はんい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すでにして彼は田舎にいても魏蜀の戦況はつぶさにしていたし、また近頃、新城の孟達、叛意しある気ぶりを、ひそかに耳にしていたからである。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
采女には叛意はなかった。
十二年の久しきあいだ、織田家を悩ませた本願寺の黒幕の謀将を、おゆるしも仰がず、うなどという行為は、明らかなる叛意と申されても仕方がないではございませぬか。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)