“叛賊”の読み方と例文
読み方割合
はんぞく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
信長は、非を悟って、っておいたのである。数年間というもの、鼻の先に、この叛賊を生かしておいたのである。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
心にもなく叛賊の汚名を流したは。守るところを失なったといわざるを得ずだ
藪の鶯 (新字新仮名) / 三宅花圃(著)
従って、孔明の来るまで、叛賊の中に孤立していた永昌郡の囲みも、自ら解けて、太守王伉
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)