“千鶴子”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちづこ66.7%
ちずこ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“千鶴子”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
私のすぐ下に千鶴子ちづこというのが生れて、その子は札幌で生れ、へその緒を産婆がランプの芯切りばさみで切って(!)それを知らずにいて、すぐ死んでしまいました。
此辺での長尾ながお郁子いくこ御船みふね千鶴子ちづこである。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
どうぞ千鶴子ちずこさんによろしく——浪さんがいなくなりましたらちょっとも遊びにいらッしゃいませんねエ
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
加藤の伯母様や千鶴子ちずこさんは時々まいられ候や。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)