“千代子”の読み方と例文
読み方割合
ちよこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
名前は千代子といって、まだ二十二歳の謂わば小娘に過ぎないのですけれど、色々な理由から、彼はその女を恐れないではいられないのでした。
パノラマ島綺譚 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
「敏子、いけませんよ、大きなをして相手になって。浩二もお黙りなさい。千代子を御覧。おとなしいこと」
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
その女の名が千代子で、その妹の名が百代子である事も、今の敬太郎には珍らしい報知ではなかった。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)