“千羽鶴”の読み方と例文
読み方割合
せんばづる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たちまち、一羽立ち二羽立ち、ざあっと羽音も清々しく、冬晴れの真ッ青な空へ雪白をちらして、応挙千羽鶴のように群れ立つのへ
顎十郎捕物帳:09 丹頂の鶴 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
私はすぐ傍にどしりと投げめられて七宝配りの箔が盛り上っている帯をい上げながら、なお、お納戸色千羽鶴の着物や、源氏あし手の着物にも気を散らされながら、着物と帯をつき合せて
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
淡島様千羽鶴
どんたく:絵入り小唄集 (新字旧仮名) / 竹久夢二(著)