“千町田”の読み方と例文
読み方割合
ちまちだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
船木川を渡り、くしめ坂を越え一里半浅市駅。福田より蓮台にいたる間美田長し。朝野弥太郎の千町田といふ。一里廿八町吉田駅。山城屋重兵衛の家に宿。此日暑不甚。行程八里
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
して此頃では、むッといきれの立つ堆肥の小山や、肥溜一ぱいにれ上る青黒い下肥を見ると、彼は其処に千町田垂穂を眺むる心地して、快然と豊かな気もちになるのである。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
華やかにさびしき秋や千町田の穂波が末をむら雀立つ
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)