“利手”の読み方と例文
読み方割合
ききて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
画中では、それが頭の渦にも、利手にも顔の歪みにもあったので、はっきりと儀右衛門は、最終の解答を掴んだように感じた。
人魚謎お岩殺し (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
ひらりと身を捻った新九郎は、目の前へさッと落ちた白刃を見るや否、相手の利手を小脇にグイと捻じ取ってふと気づいた。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と云うのは、利手の異なる方の手で、刺戟を与えた場合には、時折要求した文字ではなく、それに類似したものを書くということなんです。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)